鳶職と足場職人の違いとは?

2021/05/10
鳶職と足場職人の違いとは

埼玉県川口市を拠点とし、仮設足場工事を専門に手がける甫架設(はじめかせつ)です。くさび式足場の材料を自社保有し、枠組足場、特殊足場などにも積極的に対応しています。

建設現場の仕事にも様々な種類がありますが、中でも高所での作業が多く専門性の高いポジションとして一目置かれる存在なのが「鳶職」です。

 

鳶職は、古くは飛鳥時代から存在していたという記述もあり、江戸時代では冠婚葬祭や祭りを担うなど非常に歴史が深い仕事として知られています。

 

危険な場所へ真っ先に乗りこんで、他の業者さんのために足場を組んでいく鳶職の職人たち。常に工事を先行する役割でもあるため、工事現場は鳶職の人たちがいないことには仕事が進んでいかないと言っても過言ではありません。

鳶職人と足場職人の違いとは?

鳶職と足場職人の違いとは_01

そもそも、鳶職という呼び名は大きな括り方で、鳶職の中にもさまざまな種類があることはご存じでしょうか?

 

「足場鳶」「鉄骨鳶」「重量鳶」「橋梁鳶」「町場鳶」「送電鳶」と6種類に分かれており、鳶職の中でもそれぞれ役割が異なります。

 

足場鳶

 

その名の通り足場を専門として作業する鳶職のことを指し、足場職人と呼ばれる職人さんたちもここに属しています。建設現場で作業用の足場を組み立てることが主な仕事ですが、イベントの会場設営や舞台ステージや照明などを組み立てる仕事もあります。そして足場は組み立てるだけでなく、最後に解体するのも足場鳶の重要な仕事です。

 

ちなみに足場の幅は約25センチ〜50センチの間です。およそ2リットルのペットボトル2本分しかありません。そのような環境で効率よく仕事を進め、安全を確保するには長年の経験や知識が必要です。

 

鉄骨鳶

 

鉄骨の扱いを主として建設現場で活躍する鳶職です。具体的にはビルやマンションの建設時に鉄骨とボルトを使用して基盤の骨組みを仕上げていきます。

 

現場によっては数十メートルの高さまで、脚立やスライダーと呼ばれるはしごを登って作業します。地上と高所に分かれて作業をすることや、時にはクレーン作業で鉄骨を扱う場合もあるので、専門性が必要になりますし足場鳶と同じく常に危険が伴う仕事です。

 

重量鳶

 

重さが数十トン〜数百トンにも及ぶような、非常に大型の機械や高作物などクレーンを用いて作業する鳶職です。

 

先述した足場鳶の現場でも重たい材料を扱うことはありますが、重量鳶になると扱う材料はさらにも増して重たくなります。

 

足場鳶や鉄骨鳶のように高所での作業は多くありません。しかし、扱うものの重量の重さから数センチの小さなミスが大事故につながりかねないので、こちらも専門性が高く高度な技術力が必要な仕事といえます。

 

橋梁鳶

 

字のごとく、主に橋の工事に関わる現場が多い鳶職です。身近な例で言うと、高速道路などもこの橋梁鳶の仕事があるからこそ完成しています。

 

足場のない地上100メートルでの作業や船のクレーンなどで釣り上げられた鉄骨を固定していくなど見ているだけでも迫力のある仕事です。

 

また、他の鳶職と違うポイントとして基本的な鳶職は「縦」に伸びるように建設物を組み立てていきますが、橋梁鳶の場合は、橋や高速道路から想像できるように「横方向」に組み立てていきます。橋梁鳶は難しく特殊な作業も多いので、専門的な知識が必要とされています。

 

町場鳶

 

戸建ての木造住宅を主として活躍する鳶職です。足場以外にも住宅の柱や梁をかけるような現場も存在します。

 

建築用語では住宅や店舗などの小規模な工事現場のことを「町場」と言い、反対にビルやマンションなど住宅以外の大規模な工事現場のことを「野丁場」と呼びます。「町場」と「野丁場」では使用する言葉も違います。

 

送電鳶

 

正式な呼び名を「送電線架線工」と呼び、高所で作業する電気工事士のことを指します。ラインマンとも呼ばれ、現在国内では4000人ほどしかいないと言われています。

 

7000ボルトをこえる架空送電線を支えている鉄塔に登って保守作業や敷設します。足場を作らずに高所で作業するので、精神力と技術力の両方が必要なタフな仕事です。

 

 

足場鳶を選ぶ理由は?

足場職を選ぶ理由とは

足場職人は建設業の中でも給料が高い傾向にあると言われています。実際に調べてみました。

 

職種 平均年収
足場職人 424万円
塗装職人 310万円
左官職人 380万円
大工 356万円

 

(出典:平均年収.jp

 

なぜ足場職人の給料は高いのか?

 

足場職人の給料が高い理由は、高所での危険を伴う作業が多いことが挙げられます。また、どのような現場でも「足場」がなければ工事を進めることができません。そのため、足場職人はあらゆる現場で重宝される存在なのです。建築物が存在する限り、足場職人が仕事に困ることはないでしょう。

 

親方について回っているうちは現場の数を自分で決められませんが、自分自身が親方になれば自分でスケジュールや現場の数を決めることができます。最適な体制で現場に入ることができれば1ヵ月で多くの現場をこなせるので、給料に直結し年収が高くなるということです。

 

足場職人は独立しやすい?

 

足場職人の仕事内容は専門性が高い分シンプルともいえるので、3年間真面目に頑張れば現場のことはほとんど覚えることができます。その上で自分で現場を動かし仕切ることができれば独立も見えてくるので、建設業の中では比較的独立しやすい職種です。

 

足場職人といっても鉄骨鳶や重量鳶などは大規模な現場で働くことが多いので、独立してからそのような大きな規模の現場に入ることはハードルが高いです。しかし、町場鳶のような戸建て専門の足場職人であれば仕事をもらいやすい傾向にあります。

 

また、1人親方として独立して現場を受け持つことができれば、やり方次第によっては50万円〜100万円と高額な月収をもらうことも可能になるので、独立を目指して頑張る職人も多いです。

 

もちろん、現場の規模に応じて臨時に従業員を雇うこともあれば部材の購入などの出費もあるので、簡単に利益を上げることはできませんが、独立をすることで見えてくる景色もあります。

 

独立が必ずしも成功することではない?

独立が必ずしも成功ではない

独立しやすいのであれば、早く仕事を覚えて独立してしまうべきでは?と思いますよね。

しかしそこまで簡単な話ではありません。独立した後の仕事の受け方を見ていきましょう。

 

手間請け

 

手間は仕事するために費やす労力や手間のことです。材料は元請けが支給し、労務費だけ提供する請負形式を手間請けとよび、1棟完成まで〇〇円という具合にして請け負うことが大半です。

 

仮に現場が早く終わっても、もらう金額は変わりません。

 

わかりやすく例えると、料理のコックさんがいて、お客さんの持ち込んだ材料で料理を作るようなイメージです。

 

案件ごとに請ける

 

仕事ごとに1現場〇〇円として請ける方法です。手間請けと違い、その金額から足場材の費用や職人の費用をやりくりしなければいけません。足場材も自分で購入するか、レンタルして用意する必要があります。

 

足場材は高い?初期投資の苦労

 

手間請けを長く続けていても大きな収益は上がらないので、独立する以上は足場材を買うことが目標です。

 

一般的に収益を上げるための目安として、最低でも5000万円分以上の足場を用意しないと難しいと考えられています。というのも、仮に3000万円分の足場を用意したとしても戸建ての場合は10棟分にしかならないので、1つの現場で工事が終わったとしてもその足場を回収するまで次の足場を出せないからです。なので、独立して会社として複数の現場を同時に回すためには5000万円分くらいの足場は必要なのです。

 

5000万円の投資はなかなか厳しいものがありますが、一度減価償却してしまえばそのあとは徐々に足場代で利益を生めるようになるので、中長期的に見て自分たちで用意することが最良の選択なのではないでしょうか。

 

実際の足場材の減価償却期間は3年とされていますが、部材そのものは10年〜20年は持ちます。足場材は1本あたりの金額が10万円未満であり少額減価償却資産となり一括損金できます。そう言った面から節税効果も期待できます。

 

ただ、現場まで部材を運ぶトラックや足場材を置いておく場所の土地代、そして土地の整備代など足場材以外の初期費用だけでも1000万円ほどは簡単にかかってしまうので、これらの金額も考慮に入れて慎重に計画を立てましょう。

 

購入ではなくリース(レンタル)で始める方法もある?

 

レンタルの方が購入資金に比べると安いのでおいしい話に聞こえますが、リースにも落とし穴があります。

 

リースは借りるたびに基本料金がかかり、日数ごとのレンタル料もかかります。また1度返却してしまうと、再び借りる際に基本料金がかかってしまいます。仮に返却しないとしても、使わない間、置き場に置いているだけでも日割りのレンタル料が発生してしまいます。また置いておく場合の置き場代もかかってしまうので、リースはトータルで考えると利益率が高いとはいえないかもしれません。長い目で見た時に思い切って足場を購入して自社保有にするか、あるいは毎回リースにするか悩む要素です。

 

独立で失敗しないために

独立で失敗しないためには

中途半端に部材を購入しても、リースを使っても上手に収益をあげるのは難しい…

一気に満足いく量の足場材を購入する余裕もない…

 

ご安心ください。失敗しない方法があります。

 

まずは社内で手間請けチームと、自社資材チームに別れましょう。

手間請けとしての働き方は先程説明した通り、足場材がなくても収益を上げることができるので徐々にその利益で部材をそろえつつ、自社で請けられる案件を増やしていきます。

 

自社資材が増えてきたら、今度は徐々に手間請けチームを自社資材チームに移行して最終的に手間請けをなくしていくのが低リスクで失敗しない独立の仕方です。

 

甫架設は独立も応援します

 

甫架設では5年ほど働いていれば職長になれます。手厚い教育体制と明確なキャリアステップがあるので、働いている中で組み立て日数や現場のことが見えてきます。足場職人としての知識や技術の習得以外にも、コミュニケーション能力やリーダーシップも日々の業務の中で体得して行きます。

 

また足場職人は危険と隣り合わせなので、甫架設は日頃から安全性の追求を怠らずに徹底した安全対策をとっております。このことが認められ、今年の4月に大手のゼネコンから甫架設の職長が「職長安全衛生優良賞」に選出されました。これは日頃から安全に工事に取り組む姿勢が評価されたもので非常に名誉な賞です。

 

 

甫架設は独立した職人に対しても手間請けとして仕事を出し継続的な関係を続けるので、足元を安定させてから足場材を購入することができます。

 

甫架設の代表である西澤も苦労しながらようやくここまできました。リースのお金や、足場材の購入で苦労する若手を見たくないので全力で助けます。

 

各種免許の取得もしっかりサポートしますし、独立を希望される方には独立までの支援もいたします。足場職人という仕事に興味を持っていて、やがて独立することも視野に入れている方は、ぜひ一度私たちにご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

< 前の記事